5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「日本は買い国だ」と岸田首相はロンドン市に語った

  • 岸田は日本経済のビジョンを打ち出します
  • 彼は、日本は不安定な世界で単独で立つことができると言います

ロンドン、5月5日(ロイター)-岸田文雄首相は木曜日、ロンドンを拠点とする銀行家や投資家に外国投資を呼びかけ、資本主義の改善版への移行は経済成長を刺激すると述べた。

岸田文雄は、英国の金融街の中心にある中世ギルドでの演説で、民間投資を呼び込み、富を再分配することで、世界第3位の経済大国を成長させる計画を打ち出しました。

日本は、世界の国々と同様に、エネルギー、食料、生活費の上昇に見舞われており、第1四半期には経済が回復すると予想されていますが、円安は20年足らずで下落しています。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

地政学的に不安定な世界で、岸田は日本が単独で立つことができると言いました。

外国直接投資額を現在の43.5兆円から2030年までに80兆円(6,170億ドル)またはGDPの12%に倍増することを約束している。

「もちろん、日本は多くの課題に直面している」と彼は言った。 「しかし、私はこれらの課題に正面から取り組むための改革努力を主導する準備ができています。

「持続可能な成長、持続可能な市場、そして安全で信頼できる企業、製品、サービス。それが日本が「買う」理由です。

昨年秋に首相に就任して当選した岸田文雄は、ロンドンに到着して英国のボリス・ジョンソン首相と会談する前に、東南アジアへの長い旅をしていた。

経済に関するスピーチの中で、彼は国が労働力不足を含む課題に直面していることを認め、そこでの企業はより多様化する必要があると述べた。

彼は、政府は民間部門に賃金を引き上げるよう奨励するために税制上の優遇措置を導入し、国際的に進歩するためには研究開発投資が必要であると述べた。

円安は通常、来訪者に恩恵をもたらしますが、日本はCOVID-19を恐れて、観光客の国境を閉鎖しました。

多くの日本企業が生産を海外にシフトし、日本の貿易ベースの経済を後押ししているため、円安は輸出業者にもわずかな影響を及ぼしました。

政府は最近、支出の回復が見込まれることを理由に、4か月ぶりに経済を改善したが、見通しは不透明であると警告した。

($ 1 = 129.7100円)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

ロンドンのケイト・ホールデンとウィリアム・ジェームズ、東京の田中哲司。 キャサリン・エヴァンスとヒュー・ローソンによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  2020年東京オリンピック男子サッカーパワーランキング:日本トップ。 ドイツとフランスは増加傾向にあります