7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「彼らはこのために命を救ってくれたのです」:メッカ巡礼で両親を亡くしたアメリカ人女性の悲しみ

「彼らはこのために命を救ってくれたのです」:メッカ巡礼で両親を亡くしたアメリカ人女性の悲しみ



CNN

サエダ・ワリさんは、ハッジに参加することが両親の生涯の夢だったと語った。巡礼とは、毎年世界中からイスラム教徒がサウジアラビア王国に集まる宗教的な巡礼である。

彼らは、メリーランド州に登録されている旅行会社を通じて、オールインクルーシブの旅行パッケージに 23,000 ドルを費やしました。

「彼らはこのために命を救ってくれたのです」と彼女はCNNのフレデリカ・ホイットフィールドに語った。

しかし、一生に一度の旅行になるはずだった旅は今週、悲劇に変わった。ウォリさんは、母親のイサトウ・ティジャン・ウォリさん(65)と父親のアリュー・ダウシ・ウォリさん(71)が、この戦争で亡くなった数百人の巡礼者の中にいたことを知った。ハッジ。 極端な温度 ペルシャ湾岸諸国を侵略した。 500以上 彼らの死亡は確認されているが、その数は千人をはるかに超えるのではないかと懸念されている。

ウォーリー夫妻はメリーランド州ボウイ出身のアメリカ国民だった。 ウーリさんは最近、プリンス・ジョージ郡のカイザー・パーマネンテの看護師長の職を退職したと彼女の娘がCNNに語った。

土曜日にCNNのホイットフィールドに語ったウォリーさんは、両親がサウジアラビアにいる間、家族のグループチャットを通じて両親と緊密に連絡を取っていたと語った。 彼女はその会話の中で、ツアー会社がハッジに参加するために適切な交通手段や必要な資格情報を提供していなかったことを知ったと語った。 彼女によると、両親が同行していた巡礼者グループには最大100人が含まれており、イスラム教の柱である5~6日間の旅に十分な食料や物資が不足していたという。

ウーリさんは、両親が旅行会社から旅行の「十分な準備」をされておらず、旅行会社から「支払った金額を受け取っていなかった」と考えている。 CNNは旅行会社にコメントを求めた。

家族写真

イサトウ・テジャン・ウォリとアリュー・ダウシ・ウォリ。

最後に両親から連絡があったのは6月15日土曜日で、母親からはアラファト山に連れて行くための交通手段を何時間も待っているとメールが届いた。 彼女はその時ミナの中に彼らがいたと信じている。 結局、夫婦は代わりに歩くことを選択し、2時間以上歩いた後に娘にメッセージを送った。

その後、夫妻はアラファト山のツアーグループに巡礼者らと合流し、聖地で祈りと瞑想を行った。 ツアーグループの男性の一人がウーリさんに電話し、両親がアラファト山で行方不明になったと伝えた。父親が旅を続けることができず、途中で休憩するために立ち寄ったと告げたからだ。 男性はアラファト山の頂上まで登り続けたが、下山時に夫婦を見つけることができなかった。

ウーリさんはジッダの米国総領事館から死亡通知を受け取り、それをサウジ内務省から入手し、両親は6月15日に「自然死」したと述べた。 その後、米国大使館の誰かが彼女に、熱中症は深刻になるだろうと告げた。 それは自然な原因であると考えられています。

総領事館は、両親はすでに埋葬されているが、どこに埋葬されたのか正確には教えられないと彼女に告げた。

現在、サエダと彼女の兄弟たちは答えを求め、両親が埋葬されている場所を見つけるために全力を尽くしています。

「私たちはサウジ政府に対し、少なくともきちんとした埋葬をするためにサウジアラビアに行くことができるよう、遺体を拘留するよう要請しました。 [their] 「子供たちはその場にいたので、遺体の身元を確認することができた」とホイットフィールドさんは語った。 「残念ながら、彼らはすでに埋葬されています。」

彼女はアラビア語が分からず、この地域に詳しくないため、アメリカの外交官が彼女と兄弟が到着したら現地で会い、両親の埋葬場所を見つけて遺品を回収するのを手伝ってもらいたいと考えています。 同氏は、土曜日まで外交官らはサウジアラビアで直接会う約束をしていなかったとも付け加えた。

米国務省は「サウジアラビア王国で数名の米国人が死亡」したことを認めたが、ワリ家に関する詳細についてはコメントを拒否した。

今年のメッカ巡礼シーズン中に報告された数百人の死亡や負傷の主な要因として猛暑が確認されている。 巡礼者の拠点とされる聖地メッカでは月曜日、気温が過去最高となる華氏125度まで上昇した。

今年の会議では高温が予想され、サウジ軍は医療部隊とともに1,600人以上の人員を派遣し、熱中症対策に特化した30の迅速対応チームを派遣した。 他にも5,000人の保健・救急ボランティアが勤務していた。

ファデル・シーナ/AFP/ゲッティイメージズ

2024年6月16日、ミナで毎年行われるハッジ巡礼で、象徴的な「悪魔の石打ち」の儀式中に、地面に横たわる男性を冷やすために電池式の携帯用扇風機を使う女性。

しかしCNNは他の巡礼者に話を聞き、参加した巡礼者は1人だけで準備が不十分だったと話した。 説明 礼拝仲間たちが意識を失い、白い服を着た遺体の前を通り過ぎるのを目撃した。

正確な死者数は依然として不明であり、世界中の国が独自に国民の死亡を発表しているため、さらに増加すると予想されている。

不適切なツアーグループに対する懸念も高まっている。 国営アハラム・オンライン通信によると、エジプトは土曜日、メッカ巡礼旅行を企画する旅行代理店16社のライセンスを取り消したと発表した。

今年は180万人以上が参加したメッカ巡礼のために旅行中に数百人の巡礼者が死亡したのはこれが初めてではない。 2015年には700人以上が殺害された サウジアラビア、メッカ郊外のミナ市で起きた大混雑。 2006年、ミナの「悪魔の石打ち」儀式に参加するために集まった巡礼者が集まる場所で人が殺到し、363人が死亡した。 昨年は200人以上が亡くなりました。

READ  ウクライナでロシア兵4万7000人死亡 - 報道