このページは8ページ中1ページ目です。

<< 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8

AFCフットサルクラブ選手権2014・名古屋が2度目の優勝!

8月25日から31日にかけて中国の成都で行われたAFCフットサルクラブ選手権2014は、名古屋オーシャンズが2度目の優勝を飾った。

その全結果と動画情報をお知らせしよう。この動画で、今の名古屋の充実度がハンパなものではないことがよくわかる。

<決勝戦> 名古屋 vs チョンブリブルーウェーブ(タイ)

延長戦の末、北原の決勝点で勝利した試合。オーシャンズサポーターの声が鳴り響く!

<準決勝> 名古屋 vs Dabiri Tabriz(IRイラン)

イランのパワーに真っ向勝負で勝ち切った試合。

 

続きを読む

AFCフットサル選手権ベトナム2014 「日本vsイラン」を観戦して

AFCフットサル選手権ベトナム2014 決勝戦は、日本対イランのアジア2強の対決となった。試合の模様は現地から日々熱いレポートが送られるゲキサカ河合氏のレポートを見て頂くとして、イランと互角の戦いを演じた日本代表の強さのポイントを考えてみた。

・負けなかった個の力

イランとの戦いは、常にイランの個の強さをどうやって組織的に封じ込めるかが課題だった。
90年代から2000年代にかけての数年は、「ソルジャーとシティ・ボーイの戦い」と揶揄されるほど、良い技術や戦術を日本が持っていても、戦う姿勢や圧力を備えたイランに押しまくられて敗れていた。

個の戦いで局所的に負けると、次の局面に波及して、結果的に全面的にイラン優勢の試合になってしまう。

滝田や仁部屋、星をはじめとして、個の戦いからイラン選手に押し込まれない技術とフィジカルを発揮できたことで、局所的に押されることが非常に少なかった。

・卓越したプラン遂行能力

誰がピッチに立っても、やることに迷いがなかった。特にイランの速攻のシーンでの対応の冷静さは、あらゆるパターンを想定して訓練した結果の賜物だ。どの選手も、優劣なく訓練の結果を示していた。

もちろん関口の起用や、パワープレーを使う時間帯などベンチワークも冴えたが、ピッチ上で監督のプランを実現した選手たちの質の高さに嬉しい驚きを感じた。ここ数年に選手のレベルが最も向上したのが、この部分なのだと改めて感じた。

 

これらは、日々のFリーグでの研鑽と、代表での継続的な強化の成果であることは間違いない。そのFリーグの2014/2015シーズンは、6/27に代々木第一体育館のセントラルで開幕する。フウガドールすみだ、ヴォスクオーレ仙台が加わり全12チームで優勝を争う。イランに勝ちきり、世界の頂点に近づくためにFリーグでしのぎを削る選手たちの姿を応援したい。

AFCフットサル選手権ベトナム2014 日本がイランをPKで退け2連覇!

4/30に開幕したAFCフットサル選手権ベトナム2014は、5/10に決勝戦を迎え、大会2連覇を目指す日本が、「アジア最強」の名を欲しいままにしてきたイランをPK戦の末に破って、優勝した。

日本は3度目の優勝だが、決勝でイランを破ったのは初。

イランのPKは3本ともゴレイロ関口が止め、日本は3本とも決めるという驚くべき決定力でPK戦を制した。

大会個人賞はイランのタイエビとハッサンザデーが受賞した模様。

【写真・AFC公式サイトより

AFCフットサル選手権ベトナム2014 イランとの決勝は5/10 21:10から放送!

日本代表は、準決勝でクウェートと対戦し、前半を1-1で折り返すも、後半開始直後に皆本、稲葉の2点目などで一気にクウェートを突き放した。

これに対しクウェートは残り時間をたっぷり残した状況でパワープレーに入るが、完成度が今ひとつだったか、小曽戸の2得点を含む3得点を上げ、合計6-1でクウェートを退けた。

ただ、前半の終盤など、クウェートの前からのプレスに苦しんだ日本は、決勝に課題を残した。

日本の試合終了後に行われた準決勝第2戦では、イランがタイエビとシャフィエイのハットトリックなどでウズベキスタンを寄せ付けず、10-0で完封勝利。グループリーグで日本が勝てなかったウズベキスタンを一蹴した。

この結果、AFCフットサル選手権決勝は、日本対イランというゴールデンカードとなり、日本時間5月10日(土)21時10分というゴールデンタイムにNHK BS 1で観戦できることになった。

さあ、自宅でスポーツバーで日本代表を日本から応援しよう!!

AFCフットサル選手権ベトナム2014 日本はタイを破り準決勝でクウェートと対戦

4月30日に開幕したAFCフットサル選手権2014。

日本代表はグループリーグを2勝1敗の2位で勝ち抜けた後、5月7日に行われたタイとの準々決勝を3-2で競り勝った。

先制したのは日本。前半7分に皆本が右サイドから折り返すと仁部屋がスライディングが押し込んだ。14分には相手が自陣でもたつくところを背後からボールをさらった小曽戸がGKを右にかわしてシュートして2-0とした。

ファイブファウルからの第2PKをタイが決めて1点差とすると、後半5分には左右に早いパス交換から同点をゴールを決める。

しかし日本代表は、後半16分に左サイドで相手ともつれながら抜けだした森岡がタイGKの足元を抜くシュートを決めて勝ち越すとそのまま逃げ切った。

日本は5月8日の日本時間17時半から、オーストラリアを5-2で下したクウェートと準決勝を戦う。この試合は、NHK BS1 で生中継される。

もうひとつの準決勝は、ベトナムを15-4で下したイランと、レバノンを6-2で下したウズベキスタンがタイ戦する。

AFCフットサル選手権ベトナム2014 日本は準々決勝でタイと対戦

4月30日に開幕したAFCフットサル選手権2014。

日本代表はグループリーグを2勝1敗の2位で勝ち抜け、5月7日にグループCを1位で抜けたタイと準々決勝を戦うことになった。

タイ戦へ向けて、キルギス戦を振り返りつつ、ミゲル監督が抱負を語るゲキサカの河合氏の記事がここまでの戦いぶりを整理するのに非常にわかりやすい。

日本は韓国に12-0で大勝した後、二戦目のウズベキスタン戦で試合終了直前に勝ち越しを決められ1-2で敗れる。初のグループリーグ敗退のプレッシャーの中、キルギス戦は先発メンバーをガラリと変えて、ゴレイロには藤原を指名して臨むと、4-0でこの試合に勝利。2位でグループリーグ突破を決めた。

日本は7日に準々決勝でタイと対戦し、勝利すれば翌8日にクウェートとオーストラリアの勝者と準決勝を戦う。イランとは決勝まで当たらない。

日本vsタイの準々決勝は、5月7日(水)の17:30からNHK BS1で生中継で見ることができる!!

【写真・ゲキサカより

[訂正] AFCフットサル選手権ベトナム2014 韓国に完勝した日本は第2戦・ウズベキスタン戦へ

4月30日に開幕したAFCフットサル選手権2014。

グループリーグを戦う日本代表は初戦・韓国戦を12-0で完勝し、3日の日本時間20時半から、第2戦はウズベキスタンと対戦する。

ご存知のとおり、ウズベキスタンは2006年、2010年には準優勝している強豪。前回大会では、準々決勝でイランに3-6に敗退したため、地域予選にまわったが、実力は日本に迫るものがある。

日本代表のミゲル・ロドリゴ監督は、AFCのサイト

「彼らは先週、イランに勝った。ビデオを見ると彼らがハイレベルであり、この試合は日本にとって厳しいものになるだろうと確信しています。」

と語っている。

生中継はCSテレ朝チャンネル2で視聴可能です! 

大変失礼しました。生中継はありません。

AFCフットサル選手権ベトナム2014 開幕!観戦情報など

  

4月30日に開幕したAFCフットサル選手権2014。

日本代表は韓国、ウズベキスタン、キルギスと同組となり、5月1日の韓国戦で初戦を迎える。

まずは、日本代表戦のテレビ観戦情報をお知らせしておこう。録画放送も別スケジュールであるようだが、是非以下の生中継をチェックしてほしい。

【テレビ観戦情報】

2014/5/1 vs 韓国         NHK BS1 日本時間 17:40 - 生中継

2014/5/3 vs ウズベキスタン  CSテレ朝チャンネル2 日本時間 5/4 20:30 - 生中継 録画中継

2014/5/5 vs キルギス      NHK BS1 日本時間 20:15 - 生中継

2014/5/7 準々決勝 NHK BS1 日本時間 17:30 / 20:30

2014/5/8 準決勝 NHK BS1 日本時間 17:30 / 20:30

2014/5/10 決勝 NHK BS1 日本時間 21:00

なぜか第2戦のウズベキスタン戦のみ、NHK BSで生中継してくれない。この1試合だけのためにテレ朝チャンネルに加入するのか!という疑問が湧くが、これはもう5月一杯加入してください!

次に、対戦国情報を。

【動画:AFCフットサル選手権2012決勝「日本vsタイ」】

続きを読む

AFCフットサル選手権ベトナム2014メンバー発表

JFAは5月1日から10日にかけてベトナムで開催されるAFCフットサル選手権ベトナム2014のメンバーを発表した。

>>日本サッカー協会「AFCフットサル選手権ベトナム2014 フットサル日本代表 メンバー・スケジュール

続きを読む

AFCフットサルクラブ選手権、チョンブリが優勝、名古屋は3位

アジアクラブナンバーワンを決めるAFCフットサルクラブ選手権が、名古屋のデバオーシャンアリーナで8月27日から9月1日にかけて行われ、日本代表の名古屋オーシャンズは、グループAを1位で勝ち抜けたが、準決勝でグループB2位のイラン代表のギティパサンに2-3で惜敗した。

名古屋は前半8分に森岡とのパス交換で抜けた北原が豪快に決めて先制したが、前半15分にこの日名古屋を苦しめたドリブラー・タイエビのシュートを川原がはじいたところをカゼミに決められて同点。さらに17分にはモルタザビが左足強烈ミドルを決めて逆転。

後半11分に森岡シュートをはじかれたところに吉川が押し込んで再び同点。延長戦の影もちらつきはじめた後半18分、名古屋が試合を決めに猛攻をしかけると、そこからギティパサンのカウンターでタイエビが決めて3-2とし、昨年同様準決勝で名古屋はギティパサンに涙をのんだ。

決勝はタイ代表のチョンブリ・ブルーウェーブとイランのギティパサンの対戦となり、延長でも決着がつかず、PK戦でチョンブリが勝利した。

名古屋は来年のシード権をかけて3位決定戦に臨み、シンセンを6-4で退けて権利をものにした。

<準決勝・名古屋vsギティパサン>

 

<3位決定戦・名古屋vsシンセン>

 

>>大会ページ(JFA)

AFCフットサルクラブ選手権、名古屋GL1位抜けでイランと対戦

アジアクラブナンバーワンを決めるAFCフットサルクラブ選手権の3日目が、名古屋のデバオーシャンアリーナ/パークアリーナ小牧で行われた。

これまで2戦2勝の名古屋は、1勝1分けのアジウ率いるシンセンと対戦。グループ1位抜けを掛けた戦いとなった。

大柄なシンセンに対しても全くフィジカル負けしない名古屋は、序盤から森岡、ラファエルサカイを中心にシンセンを圧倒した。シンセンにはイラン代表のダネシュバルがピヴォの位置に入ったが、周囲との連携が悪く、名古屋の脅威にはならなかった。

圧巻だったのが名古屋の3点目。ハーフライン付近でボールをキープする森岡にシンセンDFが激しくプレスするが、森岡がこれを反転でうまくはずすと、ラファエルサカイにボールを預けて前線に上がる。ラファエルサカイがボールキープからこれをよく見ていてピヴォ当てのような形をつくり、最後はラファエルサカイが森岡の落としを右足シュートで決めた。二人の巧みなポジション取りとキープ力だけでゴールをあげた。

また、後半は申、香村、北嶋、斎藤といったリーグ戦での出場の少ない選手を起用。特に申は、相手を引きずりながらゴールを迫りFKを得ると、自ら強烈なシュートで試合を決めた。

結果として4-1で名古屋が勝利し、準決勝はグループBの2位サナイェギティパサンと対戦することになった。

準決勝のもう一試合は、シンセンとグループB1位のタイのチョンブリの対戦で、8/31の16時から名古屋戦、19時からチョンブリvsシンセン戦がオーシャンアリーナで行われる。

>>JFA大会ページ

AFCフットサルクラブ選手権、名古屋2連勝で準決勝進出

アジアクラブナンバーワンを決めるAFCフットサルクラブ選手権の2日目が、名古屋のデバオーシャンアリーナで開幕した。

Fリーグの名古屋は、初戦をシンセンと引き分けたタイ・ソンナムFC(ベトナム)と対戦し、森岡の4ゴールを含む7得点でソンナムを圧倒し、7-2で勝利した。

ソンナムを率いるのは元府中の監督で、現在はベトナム代表監督も務めるセルジアオ・ガルジェッリ。そして元名古屋の畠山ブルノもメンバーに顔を並べる。

ソンナムはとにかく細かく早いパス回しが身上で、名古屋の厳しいプレスをなんとかかんとかかいぐり、名古屋ゴールに迫るシーンもたびたびあった。

名古屋が吉川のミドルで先制したのは前半11分まで待つことになる。ソンナムも直後にブルノのゴールで追いつくが、その後第2PKを含む森岡の4連続ゴールで一気に引き離されると、パワープレーに出るものの、逆に名古屋ペドロ・コスタに30m近い距離からゴールを決められて7失点し、結果として7-2で名古屋が勝利した。

名古屋と同じグループのもう一試合アルサダカとシンセンの一戦は4-5でアジウ率いるシンセンが勝利。

名古屋は明日シンセン(中国)と19:30に1位抜けを懸けて対戦する。昨年までチームを率いたアジウがどんな戦略を繰り出してくるか。名古屋は最初のヤマ場を迎える。

>>JFA大会ページ

AFCフットサルクラブ選手権、初日で名古屋はアルサダカに完勝

アジアクラブナンバーワンを決めるAFCフットサルクラブ選手権の初日が、名古屋のデバオーシャンアリーナで開幕した。

Fリーグ絶対王者の名古屋は、2011年大会の準決勝で延長戦の末辛くも勝利したレバノン王者のアルサダカと対戦した。

開始1分でいきなりアルサダカに先制を許すも、前からガンガンプレスをかける名古屋が試合の主導権を握り続け、ラファエルサカイと森岡のゴールで前半のうちに逆転すると、後半もフルスロットルでアルサダカを攻め立て、ラファエルサカイの2点目と、右サイドをえぐった吉川から中央で受けた渡邉がゴールを決め、アルサダカの反撃を2点に抑えて 4-2 で初戦を勝利した。ホーム開催という有利さもあり、名古屋はのびのびとピッチを駆け回り、森岡を中心に猛攻を仕掛け続けた。

この日の注目のもう一試合、アルサッドと、デフェンディングチャンピオンのイランのサナイェギティは3-2でサカイェギティが勝利した。

名古屋と同じグループのもう一試合タイソンナムとシンセンの一戦は2-2の引き分けとなった。

名古屋は明日タイ・ソンナムFC(ベトナム)と19:30で対戦する。仕事帰りにスタジアムで、行けない方はCS放送のテレ朝チャンネル1で生放送で観戦ができる!

>>JFA大会ページ

AFCフットサルクラブ選手権、8月27日(火)に名古屋で開幕!!

[動画:JFA大会ページより]

フットサルのクラブ世界一を決める大会は現在存在しない。サッカー同様に、世界中の一流選手が集まるUEFAの大会が最高峰だと言われる。だが、AFC加盟国である日本のクラブにとって最高峰の大会は、AFCフットサルクラブ選手権である。

第4回目となる本大会は、今や日本のフットサルの中心となった名古屋のテバオーシャンアリーナで開催される。第2回大会で優勝したものの、第1回、第2回は3位に甘んじた名古屋のホーム開催の本大会にかける意気込みは強い。

やはり強いのはイラン勢。今年も昨年の優勝チームであるサナイェ・ギティ・パサンが出場する。名古屋でイラン勢に優勝カップを掲げられる姿は見たくない!

<グループA>
名古屋オーシャンズ日本) / シンセン南嶺鉄狼FC(中国) / タイ・ソンナムFC(ベトナム) / アルサダカ(レバノン)

<グループB>
 サナイェ・ギティ・パサン(イラン) / アルドゥス・タシケント(ウズベキスタン) / チョンブリ・ブルーウェーブ(タイ) / アルサッド(カタール) 

全詳細スケジュールは以下参照!

続きを読む

第4回アジアインドアゲームス 男子1勝・女子2勝で全勝中

6/25に開幕した第4回アジアインドアゲームス。この大会に参加しているフットサル男子日本代表、女子日本代表はともにグループリーグを戦い、以下の結果を残している。監督、選手のインタビューも満載だ。

<男女日本代表スケジュール>
6月26日 11:00 日本女子 8-0 ウズベキスタン
6月27日 16:00 日本男子 3-0 サウジアラビア
6月28日 13:30 日本女子 5-2 中国
6月30日 13:30 日本女子 vs インドネシア
7月1日  16:00 日本男子 vs トルクメニスタン
7月3日  19:00 男子 グループFで2位で最高成績 vs グループAの1位
7月3日  19:00 男子 グループFで1位なれば vs グループGの1位
7月3日  13:00 女子準決勝 グループBで2位なれば vs グループAの1位
7月3日  13:00 女子準決勝 グループAで1位なれば vs グループAの2位
7月4日  19:00 男子準決勝
7月5日  16:00 女子3位決定戦
7月5日  19:00 女子決勝戦
7月6日  10:30 男子3位決定戦
7月6日  13:00 男子決勝戦

【写真・JFAサイトより

協賛一覧

FFC柏
FFC東川口
Art&Sports Network
SCH フッボル エスタディオ 横浜
フットサルショップPLAYER’S
クーバー・フットボールパーク横浜ゆめが丘
川崎フロンターレ
クーバー・フットボールパーク横浜ジョイナス
特定非営利活動法人 相模原フットボールクラブ
横浜市地域フットサルリーグ