大和撫子、静岡中部ダービーを制す

開催日:2014年6月22日(日)
会場:愛知県・守山スポーツセンター
試合時間:前後半20分、ハーフタイム10分
写真・文/橋爪充

 昨季4位のXEBRAと同7位の大和撫子/VIORA藤枝。「静岡中部地区ダービー」は大和撫子に軍配が上がった。

 2年連続の開幕戦対決。両チームのストライカーに注目が集まった。ゼブラには2年連続リーグ得点王の佐野敦司がいる。大和撫子は、一昨季にその佐野と最終戦まで得点王を争った阿野光平を擁する。

 佐野は左右ライン際の高い位置でボールを待ち、高い個人技でマークを引きはがしてシュートを打ち込む、いわゆるピヴォ的な選手。阿野はボール回しの中から、ドリブルを交えて自分の得意な形を作るアラピヴォ。タイプは異なるが、今季も東海リーグの「華」となるだろう二人だ。特に阿野は、けがで昨季の大半を棒に振っただけに、今季に賭ける思いは強い。

【後半の勝ち越しゴールを挙げた大和撫子吉井。それを称える阿野】 

+++[スポンサー]+++

++++++++++++++++

 

 ゼブラは試合開始直後から佐野にボールを集める。サイドでボールを受け、独特の切り返しを駆使して左右から強烈なシュートを放つ。この流れ、大和撫子のメンバーも分かっているのだがなかなか止められない。10分、太田祥平の落としを狙うが大和撫子のゴレイロ松浦孝太が間一髪セーブ。場内がどよめく。佐野は残り7分までプレーを続けた。

 先制は大和撫子。17分、堀井邦明が放ったミドルシュートがDFに当たってゴールに吸い込まれた。押し気味にゲームを進めたゼブラにとっては痛い失点だった。

 ゼブラは前半終了間際に追いつく。左キックインから高橋晨太がつないだボールを、佐野が右から蹴りこんだ。

 「もう一度0対0の気持ちでスタートした」(阿野)という大和撫子は後半開始直後に勝ち越し。右からの向島雅之のパスを吉井諒が合わせた。約30秒後にはオウンゴールで追加点。大和撫子はエントラリーニャを巧みに使って阿野にボールをつなぐ。29分には相手ファールを誘って第2PKを獲得。これを阿野がゴール左下にしっかり決めた。

 3点差を付けられたゼブラはここからパワープレー。だが、「1枚目でマークが外れている状況なのにシュートが少ない」(中森政孝監督)消極的な攻撃に終始。パワープレー返しから2点を失った。残り1分半の佐野のゴールも焼け石に水だった。

 大和撫子は昨季に続く開幕節のゼブラ戦勝利。阿野は「前半は選手間の距離が広かった。後半は中に仕掛けて枚数をかける攻撃がうまくハマった」と振り返った。「団結力はどこにも負けない。30代の選手も多いので、今年こそ全国と名の付く大会に彼らを連れていきたい」と今季の抱負を語った。

 黒星発進のゼブラ。中森監督は「寄せが甘く、相手に楽をさせてしまった。チーム全体のコンセプトを行動で示せなかった」と反省しきりだった。だが点差ほど力量が離れているようには見えない。中森監督は「足りないのは一体感」と指摘した。

 

[試合結果]
大和撫子/VIORA藤枝 6-2 XEBRA

[得点経過]
17分 1-0 堀井邦明(大和撫子)
19分 1-1 佐野敦司(ゼブラ)
21分 2-1 吉井諒(大和撫子)
22分 3-1 オウンゴール(大和撫子)
29分 4-1 阿野光平(大和撫子)
30分 5-1 阿野光平(大和撫子)
30分 6-1 望月崇之(大和撫子)
39分 6-2 佐野敦司(ゼブラ)

 

【先制ゴールを決める大和撫子堀井】

 

【再三にわたり中央への鋭い切り込みを見せた大和撫子小長井雄太】

 

【ビッグセーブを連発した大和撫子ゴレイロ松浦】

 

【チームとして結果は出なかったが、ゼブラ佐野は2ゴール】

 

【移籍初戦でいきなりの「古巣対決」となったゼブラ宮内護】

 

【この試合を最後にチームを離れる大和撫子織原健。「彼のためにも絶対に勝ちたかった」(阿野)】

 

【本エントリの著者】
フットサルネット事務局
URL: http://www.futsalnet.com
フットサルネットの管理人です。各種お問い合わせ、ご意見・ご要望は私宛にお願いします。
  • Hatena ブックマークに追加
  • del.icio.usに追加
  • POOKMARK Airlines へ追加
  • livedoor クリップへ追加
  • @niftyクリップへ追加
  • newsing へ投稿
  • Buzzurl にブックマーク
  • Choix へ追加
  • Furl へ追加
  • Blinklist へ追加
  • reddit.com へ追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.futsalnet.com/mt/mt-tb.cgi/18452

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。