東海フットサルリーグ1部開幕節速報レポート

開催日:2014年6月22日(日)
会場:愛知県・守山スポーツセンター
試合時間:前後半20分、ハーフタイム10分
写真・文/橋爪充

 東海フットサルリーグ1部は6月22日、今季開幕節の5試合を行った。

 昨年度覇者のDELIZIA磐田は、今季2部から昇格したPRIDE/futsal arenaに敗れ、黒星スタートとなった。昨年度3位で地域チャンピオンズリーグに出場したFALCO GIFU F.S.も、MEMBER OF THE GANGに苦杯を喫した。

 昨年度まで2年連続準優勝の名古屋オーシャンズサテライトはPraia Grandeに逆転勝ち。前MOTGの石川勝也、前デリッツィアの伊藤豊大をメンバーに加えたROBOGATOは、NASPA四日市に6人が6ゴールを浴びせて勝利した。

 大和撫子/VIORA藤枝とXEBRAの「静岡中部ダービー」は、大和撫子がゴレイロ松浦孝太を中心に後半のパワープレーを0に封じて勝ち切った。

【最終試合で王者デリッツィアを破ったプライド。試合終了の瞬間、ベンチにいたメンバーは喜びを爆発させた】

+++[スポンサー]+++

++++++++++++++++

 

【東海フットサルリーグ1部第1節の結果】
MEMBER OF THE GANG 3-1 FALCO GIFU F.S.
名古屋オーシャンズサテライト 6-1 Praia Grande
ROBOGATO 6-2 NASPA四日市
大和撫子/VIORA藤枝 6-2 XEBRA?
PRIDE/futsal arena 3-2 DELIZIA磐田


【順位表】
1)名古屋オーシャンズサテライト 勝ち点3 +5
1)ROBOGATO 勝ち点3 +4
1)大和撫子/VIORA藤枝 勝ち点3 +4
1)MEMBER OF THE GANG 勝ち点3 +2
1)PRIDE/futsal arena 勝ち点3 +1
6)DELIZIA磐田 勝ち点0 -1
6)FALCO GIFU F.S. 勝ち点0 -2
6)XEBRA 勝ち点0 -4
6)NASPA四日市 勝ち点0 -4
6)Praia Grande 勝ち点0 -5

 

【百戦錬磨のメンバーを加えたロボガト。新加入の伊藤豊大(左)も名刺代わりの1発】

 

【白星スタートの大和撫子。キャプテンの阿野光平が2ゴールを挙げた】

 

【この日のMIPはMOTGに新加入の大谷純一。最前線で強さとうまさを見せつけた。チームも「大谷仕様」にモードチェンジしていた】

 

【名古屋サテは?鬼門?の開幕節で快勝。今季キャプテンの大野一輝(中央)は最後尾からチームを統率】

 

 

 

 

 

【本エントリの著者】
フットサルネット事務局
URL: http://www.futsalnet.com
フットサルネットの管理人です。各種お問い合わせ、ご意見・ご要望は私宛にお願いします。
  • Hatena ブックマークに追加
  • del.icio.usに追加
  • POOKMARK Airlines へ追加
  • livedoor クリップへ追加
  • @niftyクリップへ追加
  • newsing へ投稿
  • Buzzurl にブックマーク
  • Choix へ追加
  • Furl へ追加
  • Blinklist へ追加
  • reddit.com へ追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.futsalnet.com/mt/mt-tb.cgi/18446

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。