第4回世界女子フットサルトーナメントが12月14日に開幕

12月14日にスペインで、第4回世界女子フットサルトーナメントが開幕するとフットサルプラネットが報じている。

予選グループの組み分けは以下のとおり。

グループA) スペイン、ポルトガル、日本、コスタリカ
グループB) ブラジル、イラン、ロシア、ウクライナ

過去の大会は、全てブラジルが優勝。そこにスペイン、ポルトガル、ロシアが続いているのが女子フットサルの序列。

日本は前回(第3回)大会では、5位決定戦でウクライナに0-4で敗れ、10チーム中6位で終わった。

同グループのスペインには2010年の第1回大会で1-6、ポルトガルには第2回で0-4、第3回にも1-5で敗れており、今回も大きな壁として立ちはだかる。コスタリカとは対戦履歴が無いが、第3回大会ではマレーシアに勝利したのみで10チーム中8位で終わっている。

この結果から見ると、コスタリカに勝利し、ポルトガルかスペインと引き分け以上にすることで、2位以上に入りたいところ。(2位以上が準決勝進出)

なお、まだ代表メンバーは発表されていない。

>>futsalplanet

INTERNATIONAL FUTSAL TOURNAMENT 2013結果

Vietnamese FA

11月19日から22日にかけてベトナム・ホーチミンで開催された
「INTERNATIONAL FUTSAL TOURNAMENT 2013」は以下のような結果となった。

11/19 日本3-0タイ
11/20 日本2-1ベトナム
11/21 日本1-2ブラジル

この大会の最終日に行われた開催地ベトナムとブラジルの対戦で、ベトナムが3-2でブラジルに勝利するという番狂わせが起こった。

ブラジル代表メンバーには、前回のワールドカップのメンバーはほぼおらず(ホドリゴのみ)、若手中心の布陣だったようだが、サッカー以上に圧倒的な強さを誇るセレソンが、W杯出場ゼロのベトナムに敗れたことは大きなニュースだと言っていいだろう。

日本戦の各試合の模様はJFAサイトへ。

INTERNATIONAL FUTSAL TOURNAMENT 2013に畠山ブルノが追加招集!

11月19日から22日にかけてベトナム・ホーチミンで開催される
「INTERNATIONAL FUTSAL TOURNAMENT 2013」に参加する日本代表メンバーに畠山ブルノタカシが追加招集された。星翔太が怪我で参加しないため。畠山ブルノは先日のAFCフットサルクラブ選手権にタイソンナムFCのメンバーとして来日するなど、アジア枠助っ人として活躍していた。現在はクウェートFCの一員のようだ。

代表は今日、タイと対戦する。

世界で唯一のサッカー専門新書・サッカー小僧新書EXが3冊同時発売!

 

日本唯一のフットサル雑誌、我らが「フットサルナビ」の版元が白夜書房からガイドワークスに変更になっていることに皆さんお気づきだっただろうか。

そして白夜書房のサッカー小僧新書もこのたびガイドワークスからサッカー小僧新書EXとして生まれ変わった。

この新生・サッカー小僧新書EXから11月11日に3つのタイトルが同時発売されるので紹介しよう。

「サッカーはミスが9割」(北健一郎)

内容紹介
完璧なまでに「ミス」を削ぎ落としたポゼッションで近年のサッカー界に空前のブームを巻き起こしたバルセロナ。一方、ある種「ミス」だらけのサッカーで新たな衝撃を起こしているドルトムント――。

現代サッカーを語るうえで欠かせないキーワード「トランジション」、「プレッシング」、「ゲーゲンプレッシング」をハイレベルで実践し、サッカー界に衝撃を起こしているクロップ率いるドルトムントのサッカーをモデルケースに、「ミス」というフィルターを通しながら最先端の戦術を読み解く。サッカーにおける究極のテーマ「ミス」に迫った、全く新しい観戦力を身につけるための珠玉の一冊。
『なぜボラ』で"ボランチのムダなパス"に光を当てた著者が提案する、サッカー観戦を100倍楽しむための新常識がついに完成! 

 

続きを読む

INTERNATIONAL FUTSAL TOURNAMENT 2013参戦日本代表!

来る11月19日から22日にかけてベトナム・ホーチミンで開催される
「INTERNATIONAL FUTSAL TOURNAMENT 2013」に参加する日本代表メンバーが発表になった。先日のグランプリフットサルで最下位となった我が代表が自信を取り戻す試合ができるか!

11/19 日本vsタイ
11/20 日本vsベトナム
11/21 日本vsブラジル

監督 ミゲル・ロドリゴ
フィジカルコーチ 村岡 誠
コーチ兼通訳 小森 隆弘

(代表メンバー)
GK
藤原潤 バルドラール浦安
清家大葵 シュライカー大阪
関口優志 エスポラーダ北海道

FP 
稲葉洸太郎 バルドラール浦安
小曽戸允哉 バサジィ大分
星翔太 バルドラール浦安
西谷良介 デウソン神戸
滝田学 ペスカドーラ町田
皆本晃 府中アスレティック
仁部屋和弘 バサジィ大分
永井義文 シュライカー大阪
白方秀和 名古屋オーシャンズ
吉川智貴 名古屋オーシャンズ
北嶋佑一 バサジィ大分
室田祐希 エスポラーダ北海道
>> JFA

第10回全日本女子フットサル選手権 アルコイリスが2年振り2度目の優勝!!

写真・文/UN@PANNA

11/2(土)- 4(祝)の3日間、北九州市にある北九州市立総合体育館にて第10回全日本女子フットサル選手権が行われた。今年も例年通り9地域より予選を勝ち抜いた16チームが参加。4グループに分かれて総当たりリーグ戦を戦い、各グループ1位のみが最終日の準決勝に進出する事ができる。

昨年優勝し、大会最多の優勝を誇るFUNフットサルクラブレディースは不在。過去に優勝経験のあるのは第8回大会を制しているアルコイリス神戸のみ。実績で続くのは準優勝5回、3位1回を誇るバルドラール浦安ラス・ボニータス、そして3位の経験のあるカフリンガボーイズ東久留米、メンバー・オブ・ザ・ギャング、丸岡ラックレディース等が続く。

【写真上・2年振り2度目の優勝を果たしたアルコアイリス】

【写真・準優勝のカフリンガボーイズ東久留米(関東第2代表)】

続きを読む

東海リーグ1部 第4節 Praia Grande 対 NASPA四日市 マッチレポート

開催日:2013年10月6日(日)
会場:三重県・鈴鹿スポーツガーデン体育館
試合時間:前後半20分、ハーフタイム10分
写真・文/橋爪充

 3節を終えて勝ち点0のPraia Grandeと同4のNASPA四日市の対戦。昨季の下位チーム同士の戦いということもあり、お互いに勝ち点3がほしいゲームだった。

 両チームは7月の第3節以降に、大きな動きがあった。プライアは得点源だった石川隼人がゼブラに移籍。ナスパは大型ピヴォの松山竜二がFリーグのバサジィ大分に移った。彼らの穴を埋めるために、底上げを図った約2カ月半だった。

【写真・ナスパ西口智也(左)、プライア栗原正翔の競り合い】

続きを読む

協賛一覧

FFC柏
FFC東川口
Art&Sports Network
SCH フッボル エスタディオ 横浜
フットサルショップPLAYER’S
クーバー・フットボールパーク横浜ゆめが丘
川崎フロンターレ
クーバー・フットボールパーク横浜ジョイナス
特定非営利活動法人 相模原フットボールクラブ
横浜市地域フットサルリーグ