「ウイダーFリーグ2013/2014」第15節の結果

国内フットサルのトップリーグ「ウイダーFリーグ2013/2014」第15節が、9月19日から21日に全国各地で開催された。全結果は以下の通り。

神戸は、湘南との試合で、鈴村の9ヶ月ぶりの復帰戦を勝利で飾った。5連勝を狙った大阪は5位大分に敗れ、勝ち点2に縮まっていた名古屋との勝ち点差を5に広げてしまった。

第15節

大分 (5位/勝点22) 2-1 大阪 (2位/勝点31)

浦安 (4位/勝点26) 3-4 府中 (6位/勝点18)

浜松 (10位/勝点3) 0-9 名古屋 (1位/勝点36)

神戸 (7位/勝点18) 3-1 湘南 (3位/勝点26)

町田 (8位/勝点18) 1-1 北海道 (9位/勝点17 )

>>ウィダーFリーグ

第29回全国選抜フットサル大会 ベスト4出揃う

9/21から9/23にかけて岩手県花巻市の花巻市総合体育館で開催されている第29回全国選抜フットサル大会の2日目が行われ、グループAからCの1位となった北海道、東京、兵庫に加え、北海道と勝ち点で並んでワイルドカードで勝ち上がった三重の4チームが準決勝に進んだ。

 準決勝:北海道 - 東京、兵庫 - 三重

またフットレポブログ「FUTSAL EYES」では、写真入りで結果が紹介されているので是非チェックしてください。

>>日本フットサル連盟

第8回グランプリフットサル スケジュール情報

10月22日から27日にかけて、ブラジル・パラナでフットサルの国際大会「第8回グランプリフットサル2013」が開催され、日本が初参戦することになっている。

そしてこの大会のスケジュールがインテルフットサルに出ているので、紹介しよう。予選リーグの上位2チームが準決勝に進出するという。

10/22 14:15 ロシア-グアテマラ (GroupB)
10/22 16:30 バラグアイ-セゴビア (GroupB)
10/22 18:45 ブラジル-日本 (GroupA)
10/22 20:45 アルゼンチン-イラン (GroupA)

10/23 14:45 セゴビア-グアテマラ (GroupB)
10/23 16:30 ロシア-パラグアイ (GroupB)
10/23 19:00 ブラジル-アルゼンチン (GroupA)
10/23 21:00 イラン-日本 (GroupA)

10/24 13:45 パラグアイ-グアテマラ (GroupB)
10/24 16:00 ロシア-セゴビア (GroupB)
10/24 18:15 ブラジル-イラン (GroupA)
10/24 20:15 日本-アルゼンチン (GroupA)

>>インテルフットサル「グランプリ・デ・フットサルの日程が明らかに、ブラジルは初戦で日本と激突

第8回グランプリフットサル 遂に日本が参戦へ

10月22日から27日にかけて、ブラジル・パラナでフットサルの国際大会「第8回グランプリフットサル2013」が開催されることが決まった。この大会は、2005年に始まって以来ブラジルが5連覇した後、2010年にスペインが大会を制し、2011年には再びブラジルが優勝している大会で、世界の強豪が顔をそろえる国際大会である。

この大会には日本が初めて参加することが決まったようだ。

>>インテルフットサル「W杯に次ぐ世界大会、グランプリ・デ・フットサルが今年も開催、日本の出場も決定」

予選ラウンドの組み合わせは以下のとおり。

 グループA)ブラジル、イラン、アルゼンチン、日本

 グループB)ロシア、セルビア、パラグアイ、グアテマラ

日本は予選グループから強豪と対戦ができる。新生日本代表にとってまたとない経験値アップの絶好のチャンスとなる。

ちなみに、2011年に続いて今回もスペインが出場していない。 

前大会のの全結果と、ブラジルvsロシアの決勝の動画を以下に紹介しよう! 

続きを読む

AFC女子フットサル選手権が2015年に開催か

AFCは、フットサルの大会カレンダーの再編成について、名古屋で開催されたクラブ選手権期間中にフットサル委員会で協議を実施し、以下について決定したことを発表している。

・AFC女子フットサル選手権を2015年から4年おきに開催する。

・AFC U-21 フットサル選手権を2017年から隔年で開催する。

・AFCクラブフットサル選手権を2014年から隔年で開催する。(現在は毎年開催)

また、女子選手権の参加チームは10チームとし、アジアインドアゲームスの結果を参照するという。

上記は、このあとAFCの理事会にかけられて正式決定する。

佐藤亮インタビュー「もはや挑戦でなく」

ヒュンメル(hummel)のオフィシャルサイトで、スペイン1部・サラゴサに移籍する佐藤亮選手のインタビューが紹介されている。

8/31(土)、Fリーグ・シュライカー大阪から、スペインフットサル1部リーグ・Umacon Zaragoza(ウマコン
サラゴサ)への移籍が発表された佐藤亮(さとう とおる)選手。移籍への意気込みを聞くために、出国の日の朝、話を聞いた。

2011年、スペイン2部ブレラへ幻の移籍話

シュライカー大阪の佐藤亮選手とこうして膝を交えてじっくりとインタビューをするのは2回目のこと。1回目は2年前、スペイン2部Club Deportivo Burela(ブレラ)への移籍の話があった時だ。練習参加で実力を認められ、選手契約を交わした佐藤選手は、念願のスペイン挑戦を控え、意気軒昂と思いを語ってくれた。インタビュー後、スペイン語の勉強に行くと辞書を見せてくれた姿に、夢をつかもうとする若者のまばゆい姿が印象的だった。しかし、その夢は手に入る一歩前で、泡のように消えてしまった。

2011年7月、翌年に迫ったフットサルワールドカップ2012に出場するため、スペインへ行くことで、自分をレベルアップさせ、代表に名前を連ねたい、と語っていた佐藤亮選手。しかし、スペイン出国の直前、移籍話は、就労ビザの問題で流れてしまう。「すべての歯車があの時狂ってしまった」と感じるほど大きな失意の中、なかなかモチベーションも上げることができなかった。

>>つづきはヒュンメルオフィシャルサイトへ!

「ウイダーFリーグ2013/2014」第12節の結果

国内フットサルのトップリーグ「ウイダーFリーグ2013/2014」第12節が、9月7日、8日に全国各地で開催された。全結果は以下の通り。AFCクラブ選手権を戦った名古屋が大分に敗れる波乱があり、今季初黒星を喫した。2位グループにつける大阪、浦安とは勝ち点差4となった。

次節にその浦安と名古屋が首位を争う。

第12節

浜松 (10位/勝点3)  3-5 浦安 (3位/勝点25)

名古屋 (1位/勝点29) 3-5 大分 (5位/勝点16)  

神戸 (6位/勝点15) 1-1 町田 (7位/勝点13)

大阪 (2位/勝点25) 5-2 北海道 (8位/勝点13 )

湘南 (4位/勝点22) 4-7 府中 (9位/勝点12)

>>ウィダーFリーグ

ウィダーFリーグ2013/2014 第12節カードは

今週末開催されるFリーグ第12節のカードは以下の通り。

9月7日(土) 18:00 浜松(10位) vs 浦安(4位) (浜松アリーナ)

9月8日(日) 14:00 名古屋(1位) vs 大分(6位) (オーシャンアリーナ)

9月8日(日) 14:00 神戸(5位) vs 町田(8位) (大阪市中央体育館)

9月8日(日) 16:30 大阪(3位) vs 北海道(7位) (大阪市中央体育館)

9月8日(日) 17:00 湘南(2位) vs 府中(9位) (小田原アリーナ)

ライブ観戦がオススメです!

>> ウィダーFリーグオフィシャル

AFCフットサルクラブ選手権、チョンブリが優勝、名古屋は3位

アジアクラブナンバーワンを決めるAFCフットサルクラブ選手権が、名古屋のデバオーシャンアリーナで8月27日から9月1日にかけて行われ、日本代表の名古屋オーシャンズは、グループAを1位で勝ち抜けたが、準決勝でグループB2位のイラン代表のギティパサンに2-3で惜敗した。

名古屋は前半8分に森岡とのパス交換で抜けた北原が豪快に決めて先制したが、前半15分にこの日名古屋を苦しめたドリブラー・タイエビのシュートを川原がはじいたところをカゼミに決められて同点。さらに17分にはモルタザビが左足強烈ミドルを決めて逆転。

後半11分に森岡シュートをはじかれたところに吉川が押し込んで再び同点。延長戦の影もちらつきはじめた後半18分、名古屋が試合を決めに猛攻をしかけると、そこからギティパサンのカウンターでタイエビが決めて3-2とし、昨年同様準決勝で名古屋はギティパサンに涙をのんだ。

決勝はタイ代表のチョンブリ・ブルーウェーブとイランのギティパサンの対戦となり、延長でも決着がつかず、PK戦でチョンブリが勝利した。

名古屋は来年のシード権をかけて3位決定戦に臨み、シンセンを6-4で退けて権利をものにした。

<準決勝・名古屋vsギティパサン>

 

<3位決定戦・名古屋vsシンセン>

 

>>大会ページ(JFA)

協賛一覧

FFC柏
FFC東川口
Art&Sports Network
SCH フッボル エスタディオ 横浜
フットサルショップPLAYER’S
クーバー・フットボールパーク横浜ゆめが丘
川崎フロンターレ
クーバー・フットボールパーク横浜ジョイナス
特定非営利活動法人 相模原フットボールクラブ
横浜市地域フットサルリーグ