AFCフットサル選手権総括キタケンレポート (2/2)

セットは固定すべきか

 また、決勝トーナメント以降、浮き彫りになったのが、セットの完成度の違いだった。スタメンで起用された北原亘、木暮賢一郎、逸見ラファエル勝利、高橋健介の"名古屋+高橋セット"はボール回しのリズムも良く、メリハリをつけた攻撃からゴールを狙うことができていた。

(文/北健一郎)

+++[スポンサー]+++

++++++++++++++++

 

 ミゲル監督はスタメンこそ固定したが、試合が始まれば相手の出方や、ピッチ内のパワーバランスを見て、セットを頻繁に組み替えた。これは柔軟な戦い方ができるメリットがある一方で、「どんどん変わるから難しい」という声が選手から聞かれたように、セット間の連携が高まらないデメリットもある。

 シト・リベラ監督時代の浦安も、このような起用法をしていた。守る時間帯はフィクソを2枚に増やして守りを固めたり、点が欲しいときはスピードのある選手を使って攻撃を活性化したり、変幻自在の選手起用は"シト・マジック"とも呼ばれた。誰が出てもレベルが極端に落ちず、なおかつ自分の個性をピッチで出せるのは、浦安の強さの秘密でもあった。

 ただ、クラブと代表は違う。誰が出ても自分の役割を理解し、瞬時に合わせられるチームは理想だが、日本のレベルや準備の時間を考えれば、そこに到達するのはかなり難しいだろう。今大会でも、セットの組み合わせが変わった途端、バタバタしてしまって普段では考えられないようなイージーミスが出ることもあった。

 これがワールドカップとなれば、相手のプレッシャーも強くなるし、今大会で見られたようなミスがあれば即失点につながる。どんな動き方をするのか、どこでボールを受けるのが得意なのか、といった細かい点を詰めるには、ある程度セットを固定化したほうが得策だと思うのだが......。

 

カズをどうやって使うのか

 ワールドカップ出場を決めた次の日、日刊スポーツにはこんな見出しが躍った「カズ、フットサルでW杯」――。横浜FCの三浦知良の日本代表入りは、どうやら現実味のある話だという。そうなれば、日本代表への注目度は何百倍にも膨れ上がるし、フットサルを見てもらえるチャンスが広がるのは確かだ。

 だが、一方で「カズをどうやって使うか?」という新たな問題も浮上してくる。AFCフットサル選手権で優勝という結果を出したことで、組み込むことはむしろ難しくなったといっていい。

 カズが入ったとき、最もネックになるのはディフェンス面だ。Fリーグに出場したときは北海道がマンツーマンだったので、基本的には自分のマーカーについていけばよかったが、ミゲルジャパンは"イプシロン"と呼ばれる2-1-1のディフェンスシステムを採用している。

 おそらくカズが入ればピヴォで起用される。前の選手にはボールにプレッシャーをかけて、相手に良い状況でボールを出させない役割が求められる。サッカーとはディフェンスの仕方が異なるし、プレスのスタートライン、パスコースの切り方、マークを受け渡すタイミングなど、細かい部分での約束事も多い。

 ぶっつけ本番ではもちろん無理だし、それなりの準備期間があったとしても実戦レベルで使い物になるかは未知数だ。相手の間のスペースに入ってくる動きや、ポジションの入れ替えでフリーを作るプレーで、簡単にマークを外してしまうリスクを考えると、強豪国相手に通常のセットに組み込んで出すのは難しいだろう。

 だが、攻撃面では十分に期待できる。アジア選手権でも露呈したが、日本の選手は他の国に比べてシュート力が弱い。今の代表で遠目から強いシュートを打てるのは村上哲哉や逸見ラファエル勝利ぐらい。カズのシュート力はチーム内でも上位に入る。

 このようなケースは日本以外にもある。2年前のアジア選手権で、自国開催のウズベキスタンはサッカー選手をセットプレーの"ワンポイントキッカー"として起用していた。セットプレーであれば、短期間でもそれなりのクオリティーを高めることはできる。カズの国際舞台での豊富な経験と、勝負強さは貴重なオプションとなるかもしれない。

 アジア選手権の決勝戦はツイッターなどを中心に、それなりの盛り上がりを見せた。ツイッターの「HOTワード」には、「AFC」「フットサル」「パワープレー」なども文字が入ったという。しかし、優勝から3日経った今、この話題をしている人は、フットサル関係者しかいない。

 なでしこのように人気を定着させるには、もっともっと大きなインパクトを与える必要がある。それができるのは、ワールドカップ以外にない。

(了)

 

【本エントリの著者】
北健一郎
URL: http://sportswriter.at.webry.info/
1982年7月6日生まれ、北海道旭川市出身。小学生の頃から雪でグラウンドが使えなくなる冬は室内サッカーをしていたが、サッカーもフットサルも大してうまくならず、ライターの道へ。
  • Hatena ブックマークに追加
  • del.icio.usに追加
  • POOKMARK Airlines へ追加
  • livedoor クリップへ追加
  • @niftyクリップへ追加
  • newsing へ投稿
  • Buzzurl にブックマーク
  • Choix へ追加
  • Furl へ追加
  • Blinklist へ追加
  • reddit.com へ追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.futsalnet.com/mt/mt-tb.cgi/17995

コメント[2]

国際舞台での豊富な経験って・・・
いつから国際舞台に立ってないのよw

カズの起用法とか考えてる時点でナンセンス。
連盟も連盟でカズの試合見ててホントに通用すると思ってんのかね。

メンバー1枠を客寄せパンダに渡してしまうことで、フットサルで本当にがんばっている選手がどう思うかもっと考えてほしい。

コメント[2]

あなたはそのフットサルで本当に頑張っている選手なんですか?

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。