オフの話題にみる「メジャースポーツの凄さ」

AFCのアジアカップの決勝の翌日のニュースを見て驚いた。どう考えても李選手のボレーシュートと、本田選手のMVP、長友選手の活躍などなどがメインで報じられると思っていた。しかし、意外にもサッカーと同じ扱いで報じられたスポーツがある。

+++[スポンサー]+++

++++++++++++++++

そう、それはプロ野球だ。

しかも、まだプロ実績ゼロの日本ハム斉藤投手の「自主トレ」のニュースだった。ドラフト1位だし、かつて甲子園を沸かせた人気者だから、扱いがあるのはいいと思う。

しかし、その後も続く連日の加熱報道ぶりはなんなのだろう。テレビとスポーツ新聞は、何が何でも斉藤投手の話題を作って、ダルビッシュとの話だったり、梨田監督との話題だったり、手を換え品を換えニュースを出す。

楽天の星野監督の話題もそうだ。いつウィンドブレーカーを脱いでユニフォーム姿をお披露目するのかをたくさんのカメラが追いかける。

テレビを見ている我々はいやおうにもそうしたプロ野球事情が目や耳に入る。凄い影響力だ。ネットだソーシャルだと言っても、地上波パワーはまだ健在だ。

もうこのプロ野球宣伝ニュースは、意図的に作られたものとしか考えられない。報道ステーションで、栗山英樹氏が、初めてブルペン入りする斉藤投手の動きの注目ポイントを長々と解説する姿を見て確信した。

 

こうしたスポーツとして、他にプロゴルフがある。こちらも、オフ情報満載だ。かつてのジャンボ、中島常幸からはじまり、最近は石川遼選手のニュースはどんな些細なことでも我々の目や耳に飛び込んでくる。

こうした話題のひねり出し方、それによって他のスポーツの情報が割愛される様をいつも苦々しく思っているが、先日のニュースでは、石川遼君が合宿先でフットサルに興じる報道があった。苦虫かみつぶし顔が一変し「ほう、フットサル好きなんだ?」とつぶやく自分に少々あきれた。

>>スポーツ報知「[担当記者の書きっ放し]遼くん、弾丸はショットだけにして!?

 

 

【本エントリの著者】
フットサルネット事務局
URL: http://www.futsalnet.com
フットサルネットの管理人です。各種お問い合わせ、ご意見・ご要望は私宛にお願いします。
  • Hatena ブックマークに追加
  • del.icio.usに追加
  • POOKMARK Airlines へ追加
  • livedoor クリップへ追加
  • @niftyクリップへ追加
  • newsing へ投稿
  • Buzzurl にブックマーク
  • Choix へ追加
  • Furl へ追加
  • Blinklist へ追加
  • reddit.com へ追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.futsalnet.com/mt/mt-tb.cgi/17514

コメント[3]

>斉藤投手の話題を作って、ダルビッシュとの話だったり、梨田監督との話題だったり、
>目や耳に入る。
>耳に飛び込んでくる。
>こうしたスポーツ
>こうした話題の
語彙が貧困のようですが…。本当に記者の方なんでしょうか?
余りにも文章が下手すぎます。

コメント[3]

男の嫉妬は見苦しい
基本的に代表以外のサッカーは高校野球以下の人気なんだから

コメント[3]

大変失礼な言い方ですが・・・

そうやって取り上げられている日本のプロ野球は、テレビの試合放映時間が毎年減少しています。完全に長期低落傾向にあるスポーツとなっています。
ゴルフにしても、試合数・賞金総額は毎年上昇しているのでしょうか。

「こうした話題のひねり出し方、それによって他のスポーツの情報が割愛される様をいつも苦々しく思っている」と思うのは良いですが、記者として何を言わんとしているのでしょか。

記者としての主張を明確にした記事を望みます。
フットサルに関する内容のある文章を、お待ちしてます。
このことこそ、フットサルマスコミ関係者に必要だからです。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。