ブラジルワールドカップを語ろう 第12回

ブラジルワールドカップを語ろう
【第12回】
日本で見たいワールドカッププレーヤー

これまで、本サイト上では、ワールドカップ関連の座談を何度か紹介してきた。今回は、その集大成ともいうべき、世界のフットサルの"現在(いま)"を見た二人のライターに聞いた!

続きを読む

ブラジルワールドカップを語ろう 第11回

ブラジルワールドカップを語ろう
【第11回】
テクニカルレポート10
1対1のドリブル


これまで、本サイト上では、ワールドカップ関連の座談を何度か紹介してきた。今回は、その集大成ともいうべき、世界のフットサルの"現在(いま)"を見た二人のライターに聞いた!

座談つまみ食い>>
  ファルカン枠はチームに1枠か、2枠ある。

続きを読む

ブラジルワールドカップを語ろう 第10回

ブラジルワールドカップを語ろう
【第10回】
テクニカルレポート?
1対1のディフェンス力


これまで、本サイト上では、ワールドカップ関連の座談を何度か紹介してきた。今回は、その集大成ともいうべき、世界のフットサルの"現在(いま)"を見た二人のライターに聞いた!

座談つまみ食い>>
高田 「勝てなくても負けない」。これは、1対1における絶対条件ですよね。

続きを読む

ブラジルワールドカップを語ろう 第9回

ブラジルワールドカップを語ろう
【第9回】
テクニカルレポート(8) 利き足、強豪国には左利きがいる


これまで、本サイト上では、ワールドカップ関連の座談を何度か紹介してきた。今回は、その集大成ともいうべき、世界のフットサルの"現在(いま)"を見た二人のライターに聞いた!

座談つまみ食い>>
高田 両利きって、今後10年、20年先のフットサルでは、キーワードになってるんじゃないかと思うんです。

続きを読む

Fリーグ2008・第15節レポート「浦安」vs「大阪」



VS

「寒さ」の裏にあるもの

 浦安はスタメンのFPに平塚雅史、市原誉昭、清水誠、中島孝といつもだとツーセット目に出てくる選手を使ってきたが、これは「ドゥダのマークには(小宮山)友祐がつくべきだと思っていて、ドゥダはスタートから出てこないだろうと読んでいた」(シト・リベラ監督)から。実際に大阪のドゥダのセットが出てくるたびに、浦安は小宮山、藤井健太、稲葉洸太郎、稲田祐介のセットに入れ替わっていた。

キタケンの熱いレポートをどうぞ!

続きを読む

ブラジルワールドカップを語ろう 第8回

ブラジルワールドカップを語ろう
【第8回】
テクニカルレポート(6) 試合の50%を決めるゴレイロ


これまで、本サイト上では、ワールドカップ関連の座談を何度か紹介してきた。今回は、その集大成ともいうべき、世界のフットサルの"現在(いま)"を見た二人のライターに聞いた!

座談つまみ食い>>
高田 「フットサルの試合の50%はゴレイロで決まる」という格言がありますが、「80%決まる」と言う人もいるぐらい、ゴレイロの役割はでかい。

続きを読む

ブラジルワールドカップを語ろう 第7回

ブラジルワールドカップを語ろう
【第7回】
テクニカルレポート(6) セットプレー


これまで、本サイト上では、ワールドカップ関連の座談を何度か紹介してきた。今回は、その集大成ともいうべき、世界のフットサルの"現在(いま)"を見た二人のライターに聞いた!

座談つまみ食い>>
高田  (セットプレーで)共通しているのは、最もシンプルな蹴って合わせる形というのを常に狙っているということですよね。

続きを読む

ブラジルワールドカップを語ろう 第6回

ブラジルワールドカップを語ろう
【第6回】
テクニカルレポート(5) フットサルは数学だ。
スタンディングやムービングは公式の1つに過ぎない


これまで、本サイト上では、ワールドカップ関連の座談を何度か紹介してきた。今回は、その集大成ともいうべき、世界のフットサルの"現在(いま)"を見た二人のライターに聞いた!

座談つまみ食い>>
   1試合の1人あたりの走行距離を測ったら、ロシアが1番だと思いますよ。

続きを読む

ブラジルワールドカップを語ろう 第5回

ブラジルワールドカップを語ろう
【第5回】
テクニカルレポート(4) スペインディフェンスの驚異的な組織力


これまで、本サイト上では、ワールドカップ関連の座談を何度か紹介してきた。今回は、その集大成ともいうべき、世界のフットサルの"現在(いま)"を見た二人のライターに聞いた!

座談つまみ食い>>
  (スペインのDFは)本当に気持ち悪いんですよ(笑)。
高田 確かに(笑)。あまりに統率が取れていて恐いんですよね。

続きを読む

ブラジルワールドカップを語ろう 第4回

ブラジルワールドカップを語ろう
【第4回】
テクニカルレポート(3) 膠着した決勝戦、必然のロースコア


これまで、本サイト上では、ワールドカップ関連の座談を何度か紹介してきた。今回は、その集大成ともいうべき、世界のフットサルの"現在(いま)"を見た二人のライターに聞いた!

座談つまみ食い>>
  走り込んでGKのルイスアマドにキャッチされてカウンターを食らうのが恐かったと思うんですよ。でもマルキーニョは蹴ってそれが当たって入った。あのプレーは、あの試合のお互いのリスクの掛け方を象徴していると思うんですよ。

続きを読む

ブラジルワールドカップを語ろう 第3回

ブラジルワールドカップを語ろう
【第3回】
テクニカルレポート(2) ガブリエルのスライディングとマリーシア


これまで、本サイト上では、ワールドカップ関連の座談を何度か紹介してきた。今回は、その集大成ともいうべき、世界のフットサルの"現在(いま)"を見た二人のライターに聞いた!

座談つまみ食い>>
高田  (ガブリエル) あえてスライディングした。あのスライディングには、「いやいやボール回しなんてさせませんよ」という日本に対するメッセージと、「お前らしっかりやれ」というブラジルの選手に対するメッセージが込められていた。

続きを読む

ブラジルワールドカップを語ろう 第2回

ブラジルワールドカップを語ろう
【第2回】
テクニカルレポート(1) 代表チームの作り方


これまで、本サイト上では、ワールドカップ関連の座談を何度か紹介してきた。今回は、その集大成ともいうべき、世界のフットサルの"現在(いま)"を見た二人のライターに聞いた!

座談つまみ食い>>
高田  フットサルの代表チームは、ベースは2?3チームの選抜にして、そこに足りない要素やスペシャルな能力を持った選手を他のチームから選ぶ

続きを読む

Fリーグ2008・第13節レポート「町田」vs「名古屋」



VS

山蔦のイエローに見えた名古屋の一体感

 タイムアップと同時にピッチに立っていた名古屋の5人はベンチに向かった。試合後の整列はまだ終わっていない。すると名古屋の選手、スタッフ、全員が輪になっていく。普段あまり円陣をしない名古屋が、異例のタイミングで円陣を組む。それを見ながら「名古屋は本当に勝ちたかったんだな」と感じさせられた。

キタケンの熱いレポートをどうぞ!

続きを読む

ブラジルワールドカップを語ろう 第1回

ブラジルワールドカップを語ろう
【第1回】
シュマイケル、レニージオ、ファルカン 本当の大会MVPは誰だ?


これまで、本サイト上では、ワールドカップ関連の座談を何度か紹介してきた。今回は、その集大成ともいうべき、世界のフットサルの"現在(いま)"を見た二人のライターに聞いた!

座談つまみ食い>>
高田 そうですね。レニージオはどの監督でも選ぶだろうし、どのチームでも最も大切な選手として扱われるでしょうね。

続きを読む

協賛一覧

FFC柏
FFC東川口
Art&Sports Network
SCH フッボル エスタディオ 横浜
フットサルショップPLAYER’S
クーバー・フットボールパーク横浜ゆめが丘
川崎フロンターレ
クーバー・フットボールパーク横浜ジョイナス
特定非営利活動法人 相模原フットボールクラブ
横浜市地域フットサルリーグ